モバイルSEOセミナー紹介サイト

2012年7月29日

電子カタログのオススメブログ

カテゴリー: SEOセミナー — admin @ 11:29 AM

電子カタログについては、ワイズさんなどが有名ですね。

あとは、この電子カタログのブログとかも結構参考になりますね。

さて、現状モバイルを中心にドロップシッピングやアフェリエイトをやっています。

これをはじめたのも約二年前から。パソコンを少し使えるくらいの素人ながら、ネットや雑誌で勉強しながら、試行錯誤日々奮闘しております。そんな私の日常、初心者の方やこれからはじめたい、という方に少しでも参考になればいいなぁと思います。どうぞよろしくお願いします。

ドロップシップにしても、アフェリエイトにしても、モバイルの方が簡単で、とっかかりやすいと聞いたので、とりあえずはじめてみたものの、当たり前ですが全然稼げておらず、最近は特に電子カタログ対策に取り組んでいます。

ところで、みなさんは電子カタログという言葉はご存知ですか?

電子カタログとはリアルな髪のカタログやパンフレットを電子化してスマホやタブレットで見れる形にすることです。
PCでももちろん見ることができます。

2012年1月27日

スマホサイトのデザイン比較

カテゴリー: 未分類 — admin @ 3:10 PM

スマートフォン用サイトのデザインは現在のサイトデザインの中でも先進的技術を要求します。


現在のインターネット接続はPCからよりスマートフォンからの方が多いためスマートフォンを意識したデザイン設計は必須といえるかも知れません。
またスマートフォン用サイトといってもデザイン設計には様々なタイプがあるのでここではいくつかの例をもとに考えていきましょう。

まず既存のモバイル用サイトの主役であった携帯専用サイトとの違いは一覧性と入力インターフェースの違いが主になります。
携帯電話用サイトは携帯電話のメインの入力デバイスである十字キーとテンキーでの操作を前提として作られていてこれはPC用サイトとも大きく違います。
更に携帯電話は片手で持つことによりディスプレイの横のサイズも制限が大きくディスプレイは縦に大きくなっていきました。
それらの事からタブーが生まれ特に横スクロールとグラフィカルなインターフェースは使わないサイトが殆どでした。
一方スマートフォン用サイトでは入力はタッチパネルがメインとなりグラフィカルなインターフェースは歓迎されまています。
また横サイズの制限は未だありますが携帯電話程極端ではなくなりタッチパネルのフリック操作のと相まって全方向スクロールも使いやすいものとなっています。
全方向スクロールとしては地図アプリなどがタッチ特有のフリックやピンチ操作などでその効果が大きいと言えます。
上記の事からデザインとしては全方向スクロール可能でグラフィカルなインターフェースを使った先進的なサイトが多いと言えます。

インターフェース以外ではソフトウェア面でもスマートフォン特有の箇所は多くあります。
こちらでは先に説明した携帯電話とは違いPCサイトとの比較をしてみましょう。
PC用サイトでは主にマウス操作でブロードバンド帯を利用したリッチコンテンツが主流です。
またブラウザ含めマルチ処理が可能な為バックグラウンド動作をするサイトも増えてきました。
携帯電話時代にはハード・ソフト的にもそれらは不可能でしたがスマートフォンでは一部可能になってきています。ひとつがタブ動作でスマートフォン用のブラウザの殆どはタブブラウザであり複数のウィンドウの動作が可能です。
またプラグインに関しても処理能力的にもスマートフォンはPCに近い処理が可能となっています。
それらの事から携帯サイトよりPCに近くグラフィカルなサイトをストレスなく閲覧出来ます。
またハードウェア面ではGPSやブルートゥースなどの存在も重要です。
特にGPSはSNSや写真におけるジオタグ、地図連動の付近検索等でも活躍します。
これらは携帯電話でも搭載されていましたがサードパーティのプログラムではあまり有効に活用出来ませんでした。
スマートフォンならという事にはなりませんが少なくともスマートフォンはブラウザも含めたプログラムはOS以外何でもインストール出来ます。
最後に上記に挙げた事に加え携帯サイトのPCサイトより優れている部分も受け継げます。
それは認証関連でスマートフォンは基本的には電話であり存在自体が認証処理が済んでいる状態とも言えます。
その為買い物や会員サイト、SNSなどでの認証処理に関しては簡単且つセキュアに行われています。
mixiやtwitterなどのSNSとの相性が良いのはその為です。
スマートフォンは現在も進化中であり主に表示関連で大きく変わってきていますので技術者としてはしっかりトレンドを押さえて時代についていく必要がありそうですね。
ビジネスから遊び、日常で使える節電アプリなど様々なものが日々開発されています。

流れを押さえる為にもスマホ制作関連のサイトに目を通して見るのも重要なポイントかもしれませんね。
「スマホサイト導入の勧め」

余談となりますが携帯とスマ―トフォンの違いを正しく認識しているでしょうか?
簡単に説明します。
スマートフォンでは携帯電話で行える通話やメールだけでなく、パソコンのようにインターネット接続、音楽や動画再生、officeやPDFのようなビジネスファイルの作成、編集にも対応します。
しかし、これらはi-mode等の携帯電話でも出来ました。
では何が違うのかというと発展性です。
携帯電話も確かに上記のよう機能を持っている機種もありますが基本的には本体のみで完結し発展はしません。
つまり購入時に出来る事は出来、出来ない事はほとんどの場合出来ないのです。
ここが一番の違いです。
このあたりはデザインにも関連してますので重要かと思われます。

2011年9月14日

モバイルSEOセミナーの現状

カテゴリー: SEOセミナー — admin @ 6:48 PM

モバイルSEOのセミナーはあまり開かれていないのが現状です。
なので、モバイルからの集客に困る人はたくさんいます。

2011年8月19日

100円端末の実情

カテゴリー: モバイル端末 — admin @ 8:00 PM

最近、家電量販店などで、こういう売り文句を見かけませんか?
「今、○○に契約して頂いたら、なんとパソコンが100円!」よく見ますよね。
これは一体どういうことなのでしょうか。
100円につられて契約してしまう人も多いようですが、ここはしっかり解説しておきたいと思います。
まず、100円で買えるパソコンはもちろん新品で、小型ですが普通の商品です。
ではなぜ100円で買えるのか。まず、100円で買うためには、通信会社指定のプランに加入する必要があります。
このプラン自体は、無駄に高かったり、おかしなものではありません。
しかし、そのプラン代に月々2000円弱の機種代が上乗せされます。
つまり、100円でパソコンを買えるのではなく、パソコン代はあとから分割で払う、ということなのです。
しかも、この契約は2年間解除できないため、結果的には45000円近くをパソコン代として支払うことになり、そう考えると、自分の本当に欲しい機種を買った方がいいのではないか、と思ってしまいます。
それに、企業が100円で提供するようなものですから、性能も「それなり」でしょうし、100円パソコンは、私としては、結果的に損である、と考えます。

モバイル端末とウイルスについて

カテゴリー: モバイル端末 — admin @ 7:59 PM

パソコンが感染するウイルス、すなわちコンピューターウイルスは、パソコンを使っている人間なら知らない人はいないでしょう。
しかし、携帯電話もウイルスに感染する、ということは知らない人も多いです。
初めて確認された携帯ウイルス(携帯電話に感染するウイルスのこと)は、2004年です。このウイルスはBluetoothという短距離無線でつながった相手に、ウイルス自体がファイルを送信します。
相手が受信すると、画面に「インストールしますか?」という質問が出ます。そこで「Yes」と答えると、ウイルスが電話機に入り込み、感染した携帯電話は、電源を切ると再び立ち上げることができなくなり、メモリーも完全に消失してしまいます。
このウイルスにたいしての対策ソフトはすぐに開発され、インストールすることができましたが、今は当時の携帯電話より、より自由度の高いスマートフォンのウイルス対策について、関心が集まっています。
スマートフォンが感染するウイルスの種類としては、偽物のアプリを騙して売りつけるもの、GPSの位置情報を勝手に送信し続けるもの、SIMカード(加入者識別番号)の情報を盗むもの、勝手にWebサイトを開くもの、実にさまざまで、パソコンと違い、ユーザーがそれほどウイルスに対して危機感も知識もないことが一番の問題です。
こういった携帯電話を狙うウイルスは、半年で2倍、種類にして2000とも言われています。

Skypeの問題点

カテゴリー: モバイル端末 — admin @ 4:25 PM

Skypeからは、フリーダイヤルや緊急通報ダイヤル(110、119など)にかけることができません。
このことと、電話を受けることも考えると、固定電話の代用とはいかないようです。
あくまで、特定の相手との会話用、といったところでしょうか。
また、日本はネット回線の通信速度が速く、Skypeを利用するのになんら問題はありませんが、海外では通信状況が悪かったり、整備されてなかったりで、回線が途切れたり、聞き取りづらかったりすることもあるようです。
さらに、Skype自体を禁止している国もありますので、注意が必要です。
あとは、セキュリティの問題があります。
個人レベルでSkypeを利用しているのは特に問題があると思いませんが、企業単位で使っている場合、セキュリティの甘さが目立ちます。
Skypeは、ソフトをパソコンにダウンロードして使います。そのソフト内の機能を通じて、外部のパソコンに簡単にデータを転送できますので、情報漏えいの点で企業側も対策が必要です。
通話料など、経費の面で見ればメリットは大きいですが、社内セキュリティを徹底できるか、それがSkypeを使う上で大きな課題だと考えます。

Powered by WordPress